「樹脂やプラスチックの加工・切削」の見積り依頼をあなたの予算に合わせて代行するプラスチック加工指値.com

樹脂切削加工

フライス加工

フライス加工とは、ノコギリの様に多数の切れ刃を持つフライスで面加工を行う切削加工のことを言います。削る対象の材料は回転させず、刃物が回転します。 フライス盤の場合、回転する刃物の位置は固定されており、被削材料を移動させて任意な形に加工します。工具の種類によって色々な加工に対応できます。

マシニングセンタ加工

マシニングセンタ加工とは、フライス加工のアップグレード版の様なものです。 コンピューターにプログラムを入力し自動で操作を行えます。 様々な種類の刃物を回転させながら素材に直接当てて、削り取る機械加工の事です。 素材の材質に対応する刃物と条件が揃えば、素材の表面を削ったり、穴をあけたり、ネジを切ったり(タッピング)、溝を掘ったり、穴を広げたり(中ぐり)、立体的な形状を作ったり、と色々な加工が出来ます。

旋盤加工(NC旋盤加工)

旋盤加工とは,円柱状の材料(丸棒)を回転させ、それにバイトと呼ばれる工具刃物ものを当てて、材料を削る加工方法です。機械加工で最もよく使われる手法のひとつです。 バイトの当て具合や送り運動加減などで、ねじ切り、穴あけや溝入れなどの様々な加工に対応致します。 また、NC旋盤加工とは、コンピューターにプログラムを入力し自動で操作を行うアップグレード版を言います。

タップ・穴あけ加工

ドリルをボール盤に取り付け、対象物に穴をあけます。 また、タップと呼ばれるねじ状の工具を使用して、穴に雌ねじを切ることも可能です。

歯切り加工

特殊なバイト(刃物)を用いて歯車を製作します。 求める仕上げの精度によって、歯切り加工に使用する歯切り盤を選択します。 ボブ盤、かさ歯車歯切り盤、、ラック歯切り盤、歯車研磨盤、歯車シェービング盤などがあります。

樹脂切削以外の加工

R曲げ(炉曲げ)・プレス成型

プラスチック(合成樹脂)は熱可塑性樹脂の場合、加熱すると軟化し、これを冷却するとそのままの形状で固化し、常温でこの状態を維持します。 この性質を利用することで、望みの形することが出来ます。 透明のプラスチックシート(板)を表面の美麗さ、光学的性質を維持したまま曲面を持った立体的な形状に成形した場合が、 金属やガラスとは違うプラスチックシートの特徴を最も活かした加工だと言えます。

樹脂曲げ加工

塩ビやアクリルなどカバーやタンクに適した素材は熱を加えて曲げ加工ができます。 通常、丸い筒型や角がアールのタンクを造る時には木型等を使い加工致しますが、弊社では木型を使わない弊社独自のクリエイトディスク工法にて加工致します。このため単品でもコストパフォーマンスに優れ、かつ短納期にてお届けすることができます。

樹脂溶接加工/FRP補強

塩ビなどの溶接加工は主に水漏れや耐圧等のより接合面を強固にするため用いられます。 同じ材質、同じ色の溶接棒を使うため溶接後の外観もきれいに加工することができます。また、耐圧目的の加工には接合面の開析を大きく取り溶接棒を何重にも重ねて強度を保ちます。 FRPの補強巻きつけ加工が必要な際は、塩ビ製品の外周に施します。

樹脂接着加工

接着加工を用いるのは主にアクリル、塩ビになります。ただ、アクリルと塩ビでは適切な接着剤が異なり、また形状によっても最適な接着剤は異なってきます。 アクリル製品では、透明プラスチックケースやスーパーマーケットの陳列ケース、機械のカバー類などがあり、アクリル板を接着加工して製作致します。塩ビにおきましても同様の加工になります。

樹脂溶着加工

毛細管現象を利用し粘度の低い溶剤で接着しますが、気泡が入るなど美しい製品にするにはかなりの熟練とセンスを要します。 通常、後で塗装することは少なく、プラスチックシートの透明性、光沢などをそのまま活かすので後加工などでごまかすことは出来ません。 製品の外観は特に重視して、常に美しい製品製作を目指して励んでおります。

Copyright (c) プラスチック、樹脂加工ならプラスチック加工指値.com All Rights Reserved.